産業医資格~産業医になるには~

こんにちは。産業医中村です。

今日は産業医資格の取得方法について書いていきます!

これから産業医の選任を検討されている経営者や人事の方で「産業医ってそもそもどんな人がなれるの?」と疑問に思っている方や、医師の方で「これから産業医の仕事を始めたい」という先生向けて書いていきます。この記事を読むと産業医になるための具体的な方法や流れが分かるようになります。主に、一番王道の方法である、日本医師会の研修を受ける方法を解説します!

産業医の要件とは

まず、産業医となるための要件として、医師である必要があることに加え、厚生労働省令で定める要件があります。具体的には、以下のとおり規定されています(労働安全衛生規則第14条第2項)。

1.労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識についての研修(※)であって厚生労働大臣が指定する者(法人に限る。)が行うものを修了した者(※)現在、「日本医師会の産業医学基礎研修」、「産業医科大学の産業医学基本講座」がこれに該当します。
2.産業医の養成等を行うことを目的とする医学の正規の課程を設置している産業医科大学その他の大学であってその大学が定める実習を履修したもの
3.労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの
4.学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授又は講師の職にあり、又はあった者
5.その他厚生労働大臣が定める者

※厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署「産業医について~その役割を知ってもらうために~」、産業医学振興財団「産業医になるには」をもとに要約

今回の記事では、これから産業医資格を取得したいという医師のために、1番目の研修を受けて産業医資格を取得する方法と、3番目の労働衛生コンサルタント試験に合格して産業医になる方法について説明します。

日本医師会の研修

日本医師会は、産業医の資質向上と地域保健活動の一環である産業医活動の推進を図るために、所定のカリキュラムに基づく産業医学基礎研修50単位以上を修了した医師、または、それと同等以上の研修を修了したと認められる医師に「日本医師会認定産業医」の称号を付与しています。

基礎研修は産業医活動を行うために必要な基本的知識・技術を修得する研修で、
・前期研修(14単位以上)…総論、健康管理、メンタルヘルス対策など
・後期研修(26単位以上)…地域の特性を考慮した実務的、専門的、総括的な内容
+実地研修(10単位以上)…職場巡視などの実地研修、作業環境測定実習など

という構成になっています。

また、有効期間5年間のうちに、産業医学生涯研修20単位以上を修了した医師のみ資格更新ができます。

更新に必要な研修は、
・更新研修(1単位以上)…労働衛生関連法規と関連通達の改正点などの研修

・実地研修(1単位以上)…職場巡視などの実地研修、作業環境測定実習などの実務的研修
・専門研修(1単位以上)…地域特性を考慮した実務的・専門的・総合的な研修
となっています。

忙しい医師必見!産業医資格がまとめて取得できる集中研修会

・産業医科大学産業医学基本講座(東京開催)
・東京医科歯科大学(東京)
・獨協医科大学(栃木)

・自治医科大学(栃木)
・神栖きらっせプロジェクト(茨城)
・産業医科大学
夏季集中講座(北九州)、冬季集中講座(東京)

産業医学基本講座

もう一つの方法として、産業医科大学の産業医学基本講座を受講することで、産業医の要件を満たすことができます。産業医科大学以外の卒業生でも受講することができ、全授業科目の履修認定を受けることで産業医学基本講座修了認定書(産業医科大学産業医学ディプロマ)が授与されます。

・産業医学基本講座
(北九州)例年4~5月の約2ヶ月間:月曜日~金曜日、土曜日
(東京)例年6月~10月の約5ヶ月間:火・木曜日の夜間及び隔週土曜日

労働衛生コンサルタント

産業医になった後に労働衛生コンサルタントの資格を取得してキャリアの幅を広げるというケースの方が多いかもしれません(労働衛生コンサルタントの資格を取得した場合でも、産業医になるための用件を満たすことができます)。

労働衛生コンサルタント資格を有する産業医の企業の評価は高く、産業医としてのキャリアアップのための選択肢の一つといえます。よりよい報酬や働き方のため、産業医取得後、労働衛生コンサルタントの資格を目指す医師も増えている傾向にあります。

試験は一次試験が筆記試験、二次試験が口述試験となっています。合格率は例年およそ30%となっており、難易度は高いです。

筆記試験は通常、「労働衛生一般(択一式)」「労働衛生関係法令(択一式)」「健康管理(記述式)」の3科目です。
医師である場合、条件を満たせば科目免除の対象にもなるため、全科目受験しなくても良い場合もあります。また、日本医師会の「産業医学講習会」、産業医科大学の「産業医学基本講座」を修了した場合は、筆記試験の全科目の免除を受けることができます。

 

以上、産業医資格の取得方法と、労働衛生コンサルタントについて解説しました。

*新型コロナウイルスの影響もあり、資格要件や研修開催時期や内容の変更がある場合がございますので、ご注意ください。

 

貴社の選任義務や、産業医選任のメリットなど個別のご相談はこちらから。

お問い合わせ

メンタルヘルス対策に困っている企業様はこちらのセミナーがオススメです。

医師が教えるテレワーク時代のメンタル不調者 早期解決セミナー

なかむら産業医療コンサルティング事務所

日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
健康経営エキスパートアドバイザー
日本抗加齢医学専門医

医師 中村有吾

テレワーク専門メンタルドクター/産業医 中村有吾

テレワーク専門メンタルドクター/産業医 中村有吾

中小企業向け産業医

ビジネスマンが健康的に働くためのサポートをする産業医。
早期発見、早期解決により問題が起きる前に予防し、企業の売り上げにも貢献することをモットーに、業界異例の速さで顧問企業数を増やし、
これまで中小企業20社以上の顧問として多くの従業員の健康を管理してきた。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:03-6869-1054

(月 - 金 10:00 - 18:00)カスタマーサポート